パキシル 3年 効果なし

パキシルを三年以上使用したが効果を感じない(20代/女性)

体験談の要点:

 

●病状:うつ病

 

●効果は感じなかった

 

●減薬が大変

 

パキシルを三年以上使用したが効果を感じない(20代/女性)

前の職場での嫌がらせから自傷行為を行うようになり、それでストレスを発散していたがエスカレートしてしまい毎日のように自傷するようになって危機を感じて心療内科を受診。鬱病と診断され、処方されたのがパキシルだった。
効果は、すぐに現れなかった。しかし、飲んでいれば安心した。自傷行為が減ったわけではなかった。現在も飲んでいるが、これがパキシルの効果だ!と思えるはっきりした効果はわからない。
副作用は特に感じなかった。

 

費用であるが、ジェネリック(パキセロチンサンド)を服用しているので、一錠37.9円である。

 

現在、様々な薬を服用しておりパキシルのこれといった効果が目立たない。デパスやレボトミンの方が速効性があり、突発的な不安などに効く。

 

パキシルの効果がこれといって現れていないが、長期間(三年以上)服用したことにより減薬が大変。MAX(10mg×4錠)をずっと飲んできたので離脱症状を起こさないために少しずつ減らしていかなければならない。

 

離脱症状として有名なのがシャンビリといわれる頭の中でシャンシャンと音がなっている感じと手足がビリビリするという症状である。
私もそうなるのかという不安があったが、減薬し始めて約一ヶ月経ち、二錠まで減っているがそのような症状(シャンビリ)は起こっていない。もしかしたら私には最初から効果がなかったのではないかと思う。

 

不安や自傷行為(自殺衝動含む)に襲われたときはレボトミンを服用するようにしている。三ヶ所の病院を回って、現在の病院に通っているがどの医師もまずパキシルを処方&増量しようとする傾向があった。それくらいパキシルは処方されているのかもしれない。しかし、処方されやすい反面、急にはやめられないので面倒な薬だと感じる。また、なぜか医師も減薬にはあまり乗り気ではなかった。パキシルは飲み続けることで効果が現れるといわれているがその点も疑問である。私に合わなかっただけかもしれないが…

 

初期は飲んでいる安心感からある程度悩んでいることが抑えられるが、だんだん効果が得られなくなり、増量しMAXまで処方されることになるとやめるのが大変!私は現れなかったが離脱症状が現れやすい薬なので、あまりおすすめしない。

 

↓パキシルより約4割安いパキシルジェネリックはこちら↓

→パロキセチンの詳細・口コミはこちら