パキシル 激ヤセ

1日で効果が出ましたが、激ヤセしました(20代/女性)

体験談の要点:

 

●病状:うつ病・パニック障害

 

●1日で効果が出た

 

●8キロ痩せた

 

●3週間で2,700円

 

1日で効果が出ましたが、激ヤセしました(20代/女性)

20代後半の女性です。

 

半年前まで、頓服期間も含めると約三年間、パキシルを服用しました。

 

パキシルを初めて服用されたのは、21歳の時、うつ病とパニック障害に悩み通った心療内科でした。
18歳くらいから対人関係や多忙さのストレスからか、うつ病とパニック障害どちらも繰り返していたのですが、心療内科に通っても合う薬やドクターに出会えず、治らないまま症状を繰り返していました。

 

そして21歳では、上手く行かない就職活動のストレスから、吐き気や不安、過呼吸、憂鬱感、過食などが止まらなくなりました。
必ず過呼吸が出るため電車にも乗れなくなり、日常生活に支障が出るため、心療内科を予約しました。

 

ところが心療内科の予約が10日先まで取れず、応急処置的に2件の内科に行きました。とにかく吐き気を抑えたかったんです。
しかし一軒目はお腹を触り「異常なさそうだね」で終わり、二軒目では念のため、吐き気以外の過呼吸や不安などの症状を伝えましたが「?」と首をかしげられました。

 

そしてようやく通い始めた心療内科で、しっかり話を聞いてもらい、やはりうつ病とパニック障害と診断されました。

 

そこで処方された薬は、パキシル12.5mgの一種類だけでした。
実はそれ以前に通っていた心療内科では、10種類ほどの大量の薬を毎回処方されていたので、たった一種類でいいの?と驚きました。

 

そしてさっそく、夕飯後に服用しました。
身体に変化を感じたのは、わずか1日後です。

 

まず、一触即発のように起きていた過呼吸が、パタッと起きなくなりました。
ちなみに初めての服用から4年近く経つ今も、過呼吸は起こしていません。
あまりの速効性に驚き、これは効く!と信頼できました。
そして4ヶ月ほどすると、精神的にも落ち着くことが増えました。

 

副作用としては、眠くもないのに生欠伸がとまらなくなります。
また、飲み始めて3ヶ月ほどはぱったりと食欲がなくなり、八キロ痩せました。これに関しては、過食に悩んでいた私には問題ありませんでした。

 

副作用で吐き気が出る方が多いようですが、私は逆に、悩んでいた吐き気がなくなり本当に助かりました。

 

その後25mgに増量し、2年間続け、次第に量と日数を減らし今に至ります。

 

三週間分で2700円と、続けていくには少し高いかもしれませんが、一種類で確実な効果を発揮するので、たくさんの薬を処方されていた頃に比べれば負担にはなりませんでした。

 

これまでデパスやナウゼリン、ドグマチール、ワイパックスなどを飲んできましたが、初めて確実な効果を感じたお薬です。

 

効果が強い分、副作用の個人差もかなり強い薬ですが、身体に合うのであれば短期間で症状の改善が期待できるお薬です。

 

↓パキシルより約4割安いパキシルジェネリックはこちら↓

→パロキセチンの詳細・口コミはこちら